アートの引越しクオリティについて 〜女性編〜

専用ダンボールが便利でした

 

自社のダンボールに仕切りがついていて、お皿などは入れやすかったし、かさばらない、見やすいのが良かったと思います。

 

以前の場所からさほど距離はないところに引越ししました。

 

引越しで運ぶ量等でお金がかかってしまうのが難点だったので、少しでも節約するために、手で運べる分は何往復もして持ち運んでいました。

 

引越しのお兄さんは、爽やかでキビキビ動いているのが印象的でした。

 

冷蔵庫などを入れる際は、家が傷つかないようにきちんとクッションを家の周りに貼ってくれたのですが、どうも入れにくい階段だったらしく、少し傷がついてしまいました。

 

しかし、入れ方を試行錯誤、何度も声をかけながらやってくれベストをつくしてくれていたのが良かったです。

 

ベットを運ぶ際、大型過ぎて玄関から入れられなかったので、話し合った結果、2階の窓を外してクレーン車で吊って入れてくれたのには驚きました。

 

 

梱包にひと手間加えてくれました!

 

アートの引越しクオリティについて(女性編)

リーダー格の方はとても愛想が良く、丁寧な対応をしてくれました。

 

ですが、その他の方は会話は無かったものの態度があまり良くありませんでした。

 

しかも、家具の組み立てを行なっていただいたのですが、コンセントケーブルを挟んだまま組み立てていたので、結局自分で解体して組み立てなおしました。

 

素人でも気付くレベルのミスをしてしまったのか、それとも気付いていたが放置したのか…それ以外では、家の床や壁等は傷つかないように丁寧に運んでくれました。

 

兄弟が多いので、段ボールに名前を書いておいたのですが、指示しなくても各部屋に運んでくれ、またすぐ使う様な物は取り出しやすいように置いておいてくれたのはとても良かったです。
(内容も記載していました。)

 

手厚いサービスのお蔭で余裕のあるあいさつ回りができました

 

引越しの日までの、荷物をまとめる時間が無く、しかも800km離れた場所への引越しと言うことで、荷物を積んだ後に掃除をする時間が無いため、引越しらくらくパックを利用させていただきました。

 

そのおかげで朝まで普通に食べ盛りの子供に、ご飯を炊きシャケを焼き朝食を取らせ、歯を磨かせ何一ついつもと変わりの無い、まるで不自由のない生活を送ることができました。

 

大人だけなら不自由も我慢もできるのでしょうが、長く一緒に過ごした友人との別れに泣く子供を抱えると、自分で梱包せずにすむことが、どれだけ有り難かったか知れません。

 

業者の方が梱包して下さる内に、あちこちに挨拶回りもすますことが出来ました。

 

アートの引越しクオリティについて(女性編)

しかも朝、汚したキッチンまで掃除していただきました。

 

引越し後に来て掃除をできる距離ではなかったので、遠方に越すときの、らくらくパックの有り難さに涙が出そうでした。

 

大手引越しセンターの楽々パックは高額だと思いこんでおりましたが、他業者と比較もしましたが、決してそんなことはありませんでした。

 

しかも引越し時に、自転車が少し破損してしまったのですが、その旨を伝えましたら、自転車やさんに持って行き、修理したお代金のお支払いまでありました。

 

少し驚いたのは、遠距離の引越しと言うことで、荷物の到着が当日中には無理で、途中で1日どこかで荷物は寝たらしく、翌日の朝イチからの搬入になりました。

 

朝イチですので、当然早い時間からだったのですが、前日の疲れもあり寝坊してしまい、業者さんのチャイムに起こされました。

 

ですから目覚ましは必須だと思います。

 

それから引越しにつかう段ボールは、スーパーよりはドラックストアのが大きくて綺麗でオススメです。