夫婦引越し、海外編

 

夫婦での引越しをした感想

遠距離の引越しだったので、積み込みと荷下ろしが違う方達だったのですが、どちらもとても感じの良い方ばかりでした。

 

全員そろっての挨拶とかもとても好印象でした。

 

荷下ろしの時は、エコ楽パックの食器を入れるケースを返すために、私は食器を片付けることに手一杯になり、荷物をどこに運ぶとかの指示が細かくできず後日、目当てのダンボールを探すのが困難だったのは…大変でしたが仕方ないのかな、と。

 

ただ、ケースが当日ではなく後日回収とかならそういうことは多分なかったのにな、とも思いますが。

 

私達の場合は、主人が仕事でいなかった為に、一人で指示と片付けというのは…はっきり言って無理でした。

 

最後に動かします、と言われた小さな棚の移動を忘れられたのはちょっと残念でしたが、私も忘れていたしどうにか自分で動かせたので、まあいいか、と思いました。

 

 

引越し準備の秘訣

 

引越しの時は100均やホームセンターで買ったプチプチなどの梱包資材、ダンボール、ガムテープやビニールテープ、セロハンテープが思っていた以上に必要でした。

 

ちょこちょこと買い足すのは効率が悪いというか時間の無駄なので、どん、と思い切って買っておいてもイイのかな、と思います。
近所にそういうお店があればまた話は別なのでしょうけど。

 

ダンボールの中身や台所などどこに運ぶ物なのか等、太めのマジックで書くことは必須だな、と思いました。

 

中身の見える衣装ケースなどは見た目で判断できますが、ダンボールは開けるしかないので。

 

引越し当日の短時間に行う荷造りならば、部屋や使用する人ごとに色の違うマジック等で目印を付けるとイイかもしれません。

 

夫婦で引越し・らくらくパック編

 

らくらくパックは、梱包の手間が掛からなくて良いのですが、要るものと要らないものの仕分けのために一度荷物を整理するのと、荷入れ後に使いやすいように配置をし直すので、二度手間になることもありました。

 

若い男性作業員が、正座をして衣類をタンスに仕舞ってくれていたのは、少し複雑でしたが、作業はとても丁寧で、やはり一人で荷造り荷ほどきするより、だいぶ負担は少なかったと思います。

 

引越し繁忙期だったので、らくらくぱっくの荷詰め作業に来た方々は、かなり疲労が溜まっているようでした。

 

作業開始時間も午後からになってしまったため暗くなるまで掛かって少し気の毒に思いました。

 

洗濯機の部品を紛失されてしまい、数日間洗濯機が使えないというトラブルがありました。

 

久しぶりに手洗いでしのぎましたが、あとで近所にコインランドリーがあったことを知り、引越し業者さんが教えてくれても良かったのにーと思いました。

 

 

引越しのコツ

 

引越しのコツは、毎日使うもの(台所・洗面風呂、など)は数箱にまとめておいて、すぐに取り出せるようにダンボールに目印を付けておいて、奥に重ねてしまわないようにします。

 

数日間はその荷物で生活をします。

 

プラスチックケースはそのまま運んでもらえる業者さんも多いので、普段使う衣類などは、ダンボールに詰め替えせずにそのまま入れておくと、すぐに取り出せて便利です。

 

それ以外の荷物の荷ほどきは、使いやすい配置を考えながら、あまり焦らず、じっくり時間をかけてやるのが良いと思います。

 

何度も入れたり出したりしなくてよいように。

 

引越し先の近所のお店(コンビニ、スーパー、ホームセンター)の場所と営業時間はメモしておきましょう。

 

手持ちの家具のサイズ、部屋の梁やドアのサイズなどは全て測ってメモしておき、下見や荷物を入れる前に、必ずメジャー持参で家具の配置を検討しましょう。